前へ
次へ

リフォームを小規模に済ますための定期的補修

戸建て、マンションのいずれでも住まいを長期間使い続けていると建物の躯体、各室内、または設備や機器類等が劣化したり、壊れたり、或いは、陳腐化してきます。
そこで、建物の内外部は定期的な補修や塗装等、メンテナンスしていけば寿命を延ばすことが可能なので、入居後、放置しておかないことが注意点です。
従って、定期的にメンテナンスするか、しないかで寿命に影響する劣化、腐食状況は建物ごと、或いは、家庭ごとに大きな違いが生じます。
中でも、日常生活を送っているだけでは目につきにくい屋根や外壁に使われている部材は1年中、太陽光や風雨等に曝されて、少しずつ劣化あるいは腐食することが避けられません。
このため、劣化、腐食状況は一定期間ごとに専門業者のチェックを受けた方が長い目で見ればリフォームするにしても大工事にならず、費用も安上がりに済むことが多いのです。
また、屋根や外壁の塗装作業のように素人にはその内容が分からないし、作業をずっと見ているわけにもいきません。
更に、工事費支払いが終わって相当な期間が経過しないと塗装工事により防水、防食し、部材保護機能を果たしていたのか、判断つかない作業があります。
このような修繕工事やリフォームで業者とのトラブル発生を防ぐには発注する時点で信頼感を持てることが大切です。

Page Top